辛口太郎のブログ

日々思ったことを思うままに。

【詐欺メール】240603(本日2通目)

詐欺メール(差出人のアドレスから明白)

提携している電力会社はTEPCOではないのですが。
東京電力hotmailでメールすると思っているんですか?

差出人には1日も早くお亡くなりになって頂きたい。
何卒よろしくお願い申し上げます。

 

その売り方、超不親切

■だらだらと前置き

 

サランラップ等、食品用フィルムの専用ケースに関する買い物失敗談、とタイトルにつながる思いを、雑談交えてまとめました。

 

■ギザ歯のラップカットで苦節ウン十年

 

カットした食材を保存用に包装したり、食べ残した料理を冷蔵庫に入れる前に包装するラップ(食品用フィルム)。

 

従来のギザ歯のラップカットが上手に出来きないほど、かなりの不器用な私です。

 

100均や市販のラップケースも使ってきましたが、箱が壊れなくなっただけで、上手にカットできないのは今も同じです。

 

ニュータイプのラップケース

2024年の初めに、ギザ歯ではなく、ラップロールの幅方向にスライドする刃でラップをカットする、スライドカッター付きラップケースをオンラインショッピングサイトで見つけました。

 

(上記リンク先に、デモ動画があり、使い勝手が一目瞭然です。^^)

 

ラップをカットする刃はむき出しではなく、プラスチックのつまみの下部に仕込まれています。

 

そのつまみをスライドすることで、スライド範囲にあるラップに刃があたり、カットできる仕組みです。

 

刃はスライドする方向左右の両方に付いています。

 

ラップを引き出す前に、あらかじめ、つまみを端に移動し、ラップを適当な長さに引き出して、つまみをスライドして、ラップをカットする。

 

スライドしたつまみは既に端にあるので、次のラップを適当な長さに引き出して、先ほどとは反対方向につまみをスライドして、ラップをカットする。

 

ラップロールをケースに入れる際には、ロールの両端に、付属のプラスチックのアダプタ(車輪)を取り付けます。

 

車輪の径がラップロールの径よりも大きいので、ラップを引き出す際に、ラップロールのラップ面がケース内部に擦れないようにするためですかね~。

 

ニュータイプ、、、機動戦士ガンダムアムロ・レイを思い出すのは私だけ?

 

■使い方の違いとメリット・デメリット

 

従来のケース(ギザ歯付の箱やプラスチック)とニュータイプスライドカッター付きラップケース)の大きな違いは、ラップをカットする際のケースの扱いです。

 

  • ケースを手に持ってカットする(従来のギザ歯タイプ)

 

  • ケースを台の上や壁に固定してカットする(スライドカッタータイプ)

 

ギザ歯によるカットが上手なら、ケースを固定する必要が無いので、従来タイプで十分です。

 

但しラッピングしながらだと、ラップのカットし難くなります。

 

その点、スライドカッタータイプはラッピングしながらでも、容易にカットできます。

 

但しケースを固定しないとラップを引き出せないため、ケース固定先の確保が必須。

 

どちらも一長一短ありますね。

 

ただ使ってみないと分からないこともあるので、ニュータイプのラップケースを購入し、使ってみることにしました。

 

海外からの発送でしたが、他の類似商品と比べ、サイズがコンパクト、シンプルな見た目、廉価な点(購入時、送料込みで999円)に惹かれました。

 

ケース裏に貼る吸着素材は、吸盤・板磁シートの2種ありました。

また蓋の色も黄・青緑・青・黒の4種類ありました。

 

商品の当たり外れがまだ分からないこともあるので、購入当時の組み合わせで最も安い、黒蓋の吸盤タイプを選びました。

 

因みに吸着素材は絶対に吸盤がお奨めです。理由は後ほど説明します。

 

無論、昔からある日本の家庭用のラップロール(幅は22cmと30cm、長さは50m巻または100m巻)をセットして使用する前提でした。

 

スライドカッター付きラップケースの使用感(前編:カット時のイライラ解放?)

 

手元に届いたケースは破損や汚れが一切なく、見た目もサイズも商品サイトの説明通りの良品でした。

 

早速、使いかけの両幅(22cm、30cm)のラップロールをセット。

どちらも問題なく入れられました。

 

裏面に吸盤を貼り付けて、粘着が定着するまで半日放置。

 

ラップを引き出し、、、あれ?ちょっと引き出し辛い、、、何とか引き出し、カッターのつまみをスライド。

 

カッターの刃自体は鋭く、サッと奇麗にカットすることができました。

 

まさにラップのカット自体でイライラすることから無事解消された瞬間でした。

 

スライドカッター付きラップケースの使用感(中編:吸着素材云々)

 

  • 吸着素材は吸盤が吉

 

吸着素材の種類に関係の無いお話ですが、物にシール付きの磁石シートや吸盤を付ける目的が、壁に吸着させるためだとすると、吸着時間が吸着力と物の重さに影響します。

 

ましてや使い始めの30cm幅・100m巻のラップロールを入れたケースがどれだけ重くなるか考えたら、吸着目的でケースに貼り付けた吸着素材の吸着力など、これまでの失敗経験で全く当てにならず、いつ落ちるか気が気でなりません。

 

床から高い位置の壁や冷蔵庫側面に吸着させようものなら、いつしかケースが落下し、最悪破損して使い物にならなくなるのが関の山でしょう。

 

ではそもそも吸着素材は何のために使うのか?

 

答えは台の上にケースを置いた際、台に固定・吸着させるためです。

(そのため、磁石シートより吸盤の方が都合良いんです。)

 

ケース裏に吸盤を付けずに使うと良く分かるのですが、ケースを台に置き、ラップロールをセットしたケースからラップを引き出そうとすると、ケースが台から浮いてしまうんです。

 

考えようによっては、ラップの引き出し難さに関係しますが、引き出し易くし過ぎると、必要以上にラップが出てしまうことにもなるので、そうなったらイチイチ巻き戻さないとなりません。

 

そうなるよりはならない方が良いので、若干の引き出し難さは多めに見ています。

 

ケースが浮いてしまうと、ラップをケースから引き出す際にケースを手で押さえないとなりませんが、そのケースが浮いてしまうのを抑えてくれるのが、ケース底の吸盤なんです。

 

台の表面が磁石シートを吸着可能な金属製であれば良いのですが、木製のテーブルの上で本ラップケースを使う場合は磁石が吸着しません。

 

以上から、吸着素材は吸盤タイプの方が都合が良いんです。

 

  • 磁石シートも貼り付け先次第で使えるようになる

 

リンク先のデモ動画を見ると分かるのですが、動画内では磁石シートをケース裏面に貼り付けています。

 

デモを見た時から、実は私には裏面に貼ること自体が不可解でした。

 

デモでは、裏面に磁石シートを貼り付けたケースを冷蔵庫に吸着させ、カットした野菜をラップして、ラップカットしている様を確認できます。

 

しかし傾けられないものをラップする際は、正面(側面)側にカッターがあるより、上面にカッターがある方がカットし易いと思いませんか???

 

だから磁石シートを貼り付けるのは、ケース裏面ではなく、ケースからラップの出る側のケース側面にすべきなんです(と思うのは私だけ?)。

 

それでも使用する時だけ、冷蔵庫等壁に吸着・固定させるべきで、無論落下の惧れがあるためです。

 

どちらの吸着素材は100均にもあるので、どちらのタイプを選んで購入したとしても、あとから何とでも調整できますね!

 

私は後付けで100均で別途購入しました磁石シートをケース側面に貼り付けました。

 

台所の壁にホーロー部分があるので、キッチンに置くスペースがない時は、壁のホーローに、ケース側面の磁石を吸着させて、ラップをカットしています。

 

総じて、お奨めの吸着素材の貼り付け方と保管方法は、以下の通りです。

 

  • 吸盤は、ケース裏に貼り付ける。
  • 磁石シートは、ラップが出る側のケース側面に貼り付ける。
  • ケース保管時は、ケース裏面は下にせず、側面を下にする(吸盤の寿命を延ばす)。

 

スライドカッター付きラップケースの使用感(後編:設計駄目出し)

 

しかーし、設計がイマイチでした。

 

イマイチに感じたのは以下の通り。

 

  • 100m巻のラップロールは入らない。
  • ラップの引き出し難さが「若干」ではなく、「かなり」である。
  • 無理にケースからラップを引き出そうとすると、ケースの蓋が外れることも。
  • 蓋が外れずともラップに穴が開いたり、千切れてしまうことも。

 

んー、良品であっても、これは頂けない。

無論穴が開いたり千切れるのはラップ自体の強度の問題もありますがね。

(穴が開いたり、千切れる前に引っ張るの止めようよ~^^;)

 

  • スライドカッターのスライドできる幅がやや短い。

 

30cm幅のラップロールでカッターを使うと痛感します。

 

スライドカッターのスライド幅が32cmです。

つまみの長さが2cm強です。

 

ラップをカットするためにはつまみの下部の刃にラップが当たらねばなりません。

そのため、ラップを引き出す前に、つまみを端に移動しておきます。

 

上述2つの長さゆえに、引き出したラップがつまみの端に来ずに、つまみの上にかかってしまうんですよ。

 

だから、つまみを端に移動して、ラップを引き出したら、つまみのある方のラップの端を、「いちいち」歯に当ててやらなければなりません。(# ゚Д゚)

 

その点、22cm幅のラップロールはその「いちいち」が必要ありません。

 

同等の商品に手を出した方がいらっしゃいますが、同じ理由で酷評です。

 

なお以下の条件が揃っていれば確実にラップをサッとカットできます。

 

  • 引き出したラップの端が、カッターの刃にあたっている
  • 引き出したラップが、カッターのスライド範囲で、ピンと張っている(弛んでいない)

 

上記を満たしていないと、スライドしても、全く切れないか、奇麗には切れません。

 

因みにアルミホイルもカット可能であることを謳う出品者もいますが、アルミホイルのカットは止めた方が良いです。

 

カッターをスライドさせても、大抵スライドに沿って歪に割けてしまいます。

 

そもそもホイルのカットでイライラすることは無いので、ホイルロールの入っていた箱でのカットで十分かと思います。

 

ニュータイプを加工(使い勝手を少しでも良くすべく)

選んだケースは注文通りの良品ではあったものの、イマイチなままでは日々の使い勝手が悪い。

 

ということで加工して、可能な範囲で使い勝手を良くしました。

 

イマイチな点の殆どの原因はケース内部の構造にありました。

 

ケース内部側面にある出っ張り(車輪の位置を固定するための仕切りや補強部分)。

 

この出っ張りを削り、滑らかにすると、100m巻のラップロールが入るようになる上、ラップの引き出し易さがアップします。

 

出っ張りは、平刀の彫刻刀を使うと楽に削ることができ、滑らかにもできました。

 

併せて以下を少し削って滑らかにして、

  • 蓋の内側の出っ張り(カッターの裏側)
  • 蓋の側面(ラップを出す側、若干のバリもあり)

 

更に、車輪の端のバリも取り、滑らかにしたら、より一層ラップを引き出し易くなりました。

 

しかし残念ながら、最後のイマイチな点だけは、私の程度の低い技術・知識の限界でした。

 

長いものを短くすることは出来ても、短いをものを長くすることは難しい。orz

 

以上から、加工したケースは、100m巻の22cm幅のラップロール専用として愛用しています。

 

商品サイトの説明通りの良品だったので、致し方ありませんが、そもそも加工しないと使い物にならないラップケースなんて商品化するなー、と声を大にしてツッコミたいところです。

 

売り手の使用感のセンスの無さに座布団10枚でしょうか。

 

そんな中でも、高々ラップケース、色々勉強になったことと、DIYを楽しめたことが、不幸中の幸いで、とても良い経験でした。

 

■(長くなりましたが)その売り方、超不親切

 

100巻の30cm幅のラップロール専用のケースも探していますが、今のところどれが自分に合うのか全く分からない。

 

999円のケースの程度を知ってしまったこともあり、お値段的にも1000円以上するものは商品価値的にも論外です。

 

そこでカッター付きラップケースをDIYで自作しようと考えました。

 

・100均で物色&購入するもの

ケース本体(多分見つかる)

シール付き吸盤&磁石シート(これはある)

ラップロールに通す軸(突っ張り棒等)

軸を外れないようにする何か(突っ張り棒以外の軸の場合に検討)

で、1000円も掛からない。

 

・サイトで探して購入するもの

スライドカッター付きラップケースのスライドカッター部品のみ(32cm超)

 

そのスライドカッター部品ですが、、、32cmでは使い勝手の悪さを実証済みなので、それを超える長さ(ラップ幅+最低5cm)の物を探しました。

 

が。。。。。ん?

 

2024年6月3日朝8:00現在

 

37cmのスライドカッター3本セット、、、単価710円也

37cmのスライドカッター10本セット、、、単価428円也

42cmのスライドカッター4本セット、、、単価610円也

49.5cmのスライドカッター5本セット、、、単価276円也

 

最後の49.5cmのは大型包装機のためのオプション商品なので致し方なしとしても、売り方、超不親切です。

 

そんなに数は要りませんし、単品価格的にも購入が馬鹿々々しくなりました。。。

 

22幅のラップロール向けのカッターにせよ、

27cmのスライドカッター1本、、、単価1300円也

 27cmのスライドカッター4本、、、単価575円也

 

高々スライドカッター単品に掛かる金額の高さに呆れんばかりです。

 

  • 27cm1本150円(22cm幅ラップ用)
  • 37cm1本200円(30cm幅ラップ用)
  • 27cm1本+37cm1本、の2本セット350円

位が妥当と思うのは私だけでしょうか。

 

37cm(短くても35cm)のスライドカッター付きラップケースが商品化されるのを暫く様子見しようかな、と思うようになりました。

 

スライドカッター単品でも、37cm1本売りで、最高でも300円の商品だったら即注文なのですがね。。。

 

そんな商品をご存じでしたり、見つけられた方、いらっしゃいましたら、コメント頂けますと助かります~。

 

何卒宜しくお願いいたします。m(_ _)m

 

■余談:32cmのスライドカッターなら330円

 

ダイソーのまな板シートケース

 

まな板シート用のケースですが、シートのカットも可能で、カッターは32cmのスライド式で、取り外せます。

 

だから部品を買うより、ダイソーでケースを買う方が安上がりです。

 

なお、このまな板シートケース、母の日に実家の母に贈りましたが、大絶賛する程の使用感のようです。

 

カインズさんにも倍近い値段のスッと切れるまな板シートケースがありますが、お値段面から、確実にダイソーに軍配が上がります。

 

形状的にラップケースとしても使用できますが、ラップケースの使用感はイマイチでしたね。。。^^;

 

ダイソーさん、37cmスライドカッターを用いたラップケースも作ってくだされ~!

 

税込み550円位なら即買いです!

 

========

今回も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。^^

【詐欺メール】240603

詐欺メール(差出人のアドレスから明白)

今プライム入ってないんですが何か?
アマゾンがhotmailでメールすると思っているんですか?
プライムの会費も違うし、アホなんですか?

差出人には1日も早くお亡くなりになって頂きたい。
何卒よろしくお願い申し上げます。

 

【DIY】キーマカレーやミートソースの我が家流冷凍保存方法

■だらだら前置き

確かコロナで不要不急の外出をしなくなった、数年前のGW中のこと。

 

家族皆で近所のスーパーに行った時、大雨だったこともあり、精肉コーナーに大量の見切り品の挽肉がありました。

 

その量、4kg強。

 

1kg程、買い物かごに入れて他の購入品を見て回る。

 

30分弱で再度精肉コーナー前に来ると、手にしなかった挽肉が全て残っている。

 

お肉の表面を見ても、今日中、というより直ぐに調理しないと、経験的に食べられなくなる色合いだったので、帰ったらすぐ調理する前提で、全てかごに入れました。

 

500gだいたい200円、1600円程度で4kgを入手できたことはラッキーでしたが、そもそもどう料理して腹に入れるか。

 

我が家の挽肉の使い方は、大抵、カレー、ミートソース、ハンバーグ、ロールキャベツ、肉詰めピーマン、レトルト調味料を使った中華料理色々、挽肉が安かった時だけ、肉じゃが(通常は豚こまか薄切り)、シチュー(通常は鶏ももか鶏むね)。

 

ただあれこれ料理しているほど肉の鮮度は待ってくれない。

 

ミートソースとカレー以外は最近食べていたので、カットトマト缶4缶と辛口ルーを2箱、買い物かごに入れて、ミートソース&トマトキーマカレーにすることにしました。

 

帰宅して早速一番大きい鍋に4kgの挽肉を全投入し、まずはミートソース作り。

 

その日は茹でたパスタにかけてミートソースとして美味しく頂きました。

 

ソースの残りは3/4。

 

両手鍋だったため、冷蔵室を整理して、何とか庫内に鍋ごと入れられました。

 

次の日、1/4はミートソースとして残し、2/4はカレールーを入れてカレーに。

 

カレーを半分食べて、ミートソース、カレー、1kgずつが中鍋に残りました。

 

いつものことなら鍋ごと冷蔵庫に入れるのですが、大型の冷蔵庫とはいえ、他にも色々入っていたこともあり、流石に中鍋2個は入らない。

(鍋の蓋が無かったり、手持ち部分が外せたら何とか入りそうでしたが。。。)

 

カレーかミートソース、どちらかを皿に移して、冷蔵庫に入れようと、奥さんが皿から取り出した時、娘から。

 

「ご飯みたいに、冷凍保存すればいいんじゃない?」

 

それ以来、カレーやミートソースを冷凍保存するようになりました。

 

■最初の挑戦:ご飯の冷凍保存容器を使う

 

我が家のご飯の冷凍保存には長年、イノマタ化学の楽ちんパック角型180mlを使っています。

 

でも容器に直接カレーやトマトピューレを入れると、経験的に、匂い移りしたり、色移りが気になります。

 

ネットでも保存方法として、ラップを敷いて、とあったので、ラップを敷くことに。

 

ネットでは敷いたラップの上にさらにラップを掛けて蓋をして、とあったのですが、それは止めました。

 

理由は単純で、

  • ラップの使用量を出来るだけ少なくしたい。
  • レンジでの温めなおしで敷いたラップをそのまま使いたい。
  • ラップに付着する面積を可能な限り小さくしたい。

 

以上から、

  1. 容器を覆う位に大きめにラップをカット
  2. 蓋を外した容器にカットしたラップで覆う
  3. 覆ったラップの上にカレーを入れる
  4. 容器に蓋をする
  5. はみ出たラップを蓋の上にまとめて、冷凍庫へ入れる

 

蓋の内側への匂い移りが気になるようなら、敷きラップに入れたカレーに付着しないように、蓋の大きさにカットしたラップを被せて、蓋をすれば良いです。

 

で、実際に冷凍したカレーを、保存してから1か月以内ににレンチンして、ご飯にかけて食べましたが、全く美味しく頂けました。

 

食べた後で腹を壊すことも無かったのですが、2つ問題がありました。

 

1つ目は、レンチンしても、3分程度ではカレーが完全に解凍しきらなかったことでした。

 

ご飯の解凍でも4分半はかかるので、当たり前といえば当たり前ですね。。。^^;

 

チンしてから、かき混ぜれば、溶けて程よい温かさになり、食事に差し支えは無かったのですがね。。。

 

まぁ、食べるタイミングが決まっていれば、その数時間前に冷凍庫から取り出し、皿に移し、包んでいたラップで皿を包み、食べるまで冷蔵庫に入れておけば、チンした際に温まり易くなるのですが、直ぐに食べたい時だってありますよね~。

 

2つ目は容器の深さの問題でした。

 

固まったカレーの高さが3cm近くあったため、レンチンする際は深さのある皿でチンした方が良いということ。

 

ラップの材質やツクリに拠りますが、レンチンする皿に、冷凍カレーを入れて、ラップした際、ラップが冷凍カラーに触れていると、ラップが熱で溶けてしまう可能性もあります。

 

幸い、カレー用の深い皿があるので、我が家は良かったのですが、皿が無かったら、ラップが溶けてしまっていたかもしれません。

 

■2番目の挑戦:深い皿を使う

 

最初の挑戦での問題を解消すべく、最終的にはカレー皿でレンチンする前提で、

  1. カレー皿(広くて深めのお皿)にラップを敷く
  2. 敷いたラップに、厚さ2cmを目安として、カレーを入れる
  3. 庫内に匂いが広がらないように、何かで皿を覆う
  4. 固まったら皿だけ出して、ラップの端で密封し、再度冷凍庫に入れる

 

我が家では

しました。

 

カレー皿を横から見た時、上面が水平ならば、まな板や板状の保冷剤が隙間なく載ると思います。

 

最初の挑戦同様に、皿の型取りでも問題なく冷凍保存できました。

 

また保存容器と比べて皿の大きさに合う量と、厚みも考慮して冷凍したことから、容器で冷凍保存した時と比べて、解凍に時間を掛けずにすみました。

 

但し今回も問題が2つ見つかりました。

 

型取りするためのお皿が量あっても、皿ごと冷凍庫に入れるのはとてもかさばること。

 

また仮に皿を重ねて冷凍させるにしても、皿と皿の間にはさむものが必要になり、カレー皿8枚分(うち2枚分は冷凍庫内の引き出しを使用)が同時冷凍の限度でした。

 

たまたま冷凍庫がスカスカの時に試しましたが、下部の皿2枚の上にまな板シートを載せて、その上に板状の保冷剤を載せる。

 

その上にも同じように皿2枚にシートと保冷剤を載せ、その上に皿2枚とまな板シートを載せる、という感じでした。

 

8枚同時は1回切りの挑戦でしたが、その時の庫内の様子を思い返すと、今でも吹き出してしまいますw

 

アイスを食べようと冷凍庫を開けた息子曰く「なんなん、コレw」でしたw

 

もう1つは温めるカレーの量を調整できない事でした。

 

一杯のカレーライスとして冷凍保存したカレーを温めなおす場合は、全く問題ありません。

 

でもパンに載せて食べたい場合、保存したカレーの半分の量だったら良かったと思うこともしばしばでした。

 

■最新の挑戦:バットを使う

 

ピッチャー第一球、投げました~、、、カキーン、と、野球で使うバット、ではありません。

 

調理トレーのバット(記事書きながら、ネットで調べて、初めて知りました)です。

 

我が家のバットはステンレス製のパール金属の調理トレーを使っています。

 

実は娘がバレンタインのチョコレートを作っている際に教えて貰ったのですが、形成したり、早く固めるのに金属トレーが都合が良いらしく。

 

手作りチョコを作っているのを見ながら、ふと冷凍保存の型取りにも使えそう、と思いました。

 

冷凍保存の流れは以前の挑戦とほぼ同じで、

  • バットを覆う位にラップをカットする
  • バットにラップを敷く
  • 敷いたラップの上にカレーを入れ、出来るだけ薄く伸ばす(最厚でも1cm位)
  • バットごと冷凍庫に入れて、バットを覆う
  • 凍ったら、バットから取り出し、バットを覆ったラップで密閉する

 

残り2枚のバットも使って一気に冷凍してしまいます。

 

この時に使ったのはイノマタ化学のまな板4枚セットと、後々密閉に使う別にカットしたラップでした。

 

カレーに付着しないようにラップを掛けて、その上にまな板1枚を載せる。

その上に次のバットを載せ、同じことを繰り返す形で、バットを積載しました。

 

型取りのためのバットやまな板の一時的な使用とはいえ、2番目の挑戦で使用した皿や保冷材のかさばりように比べたら、うんと少ない庫内のスペースで冷凍保存が出来ました。

 

何しろバットがステンレスだから、庫内で冷えやすい。

 

また薄く伸ばして保存するから、力入れれば、板状のカレーやミートソースを比較的簡単に折ることができます。

 

何が良いかって、必要な量を必要な分だけ取り出してチンできることなんです。

 

解凍時間もこれまでの挑戦の中で最も短時間で済みました。

 

1つ難があるとしたら、保存用に使用したラップのうち、バットに敷いた方のラップは再利用が難しい(というか無理にチンで使うと、皿が汚れる)ということですかね。^^;

 

■余談:製氷皿(いつか挑戦?)

 

最新の挑戦以降、今でも我が家のキーマカレーやミートソースの冷凍保存はバットを使います。

 

最初の挑戦でネットを参考にした際、製氷皿を使うアドバイスもありました。

 

しかし皿の材質とは関係なく、1つ1つの口にラップを敷く(というか指で押し込む)ことがとても面倒に感じました。

 

また頑張って全ての口にラップを押し込んだとしても、カレーやミートソースのラップへの密着面積がとても大きくなりそうと思い、大変食いしん坊な私は、製氷皿を使った冷凍保存の挑戦をスキップしました。

 

いつか製氷皿を使うメリットが見つかったら、挑戦したいと思います。

 

ご飯にせよ、ご飯以外にせよ、冷凍は「対象の厚みを薄くした方が吉」ですね!

何より扱い易いです。

 

うちはこんな風に冷凍保存してるよ~、保存アドバイス、ツッコミ等、何かありましたら、お気軽にコメントをくださいませ~。お待ちしております♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【注意喚起】240528

ブログコメントでサイト誘導のリンク埋め込み?
はてなブログでは、このようなことが許されているのですか?
人がしたことなら、1秒でも早くお亡くなりになって欲しいです。

間違っても上記URLが示すサイトにはアクセスしないでくださいね!

クリックはしないけどさ~(#^ω^)



【思い出】おふくろの味

2023年6月。

 

数年ぶりに親子水入らずの実家家族で、車での1泊2日の国内小旅行へ。

 

目的地は群馬県

 

富岡製紙場こんにゃくパークめいたいパーク、その他、数か所の道の駅巡り。

 

道の駅巡りは実家に居たころからの定番です。

 

何よりお勧めなのは新鮮野菜。何でもかんでも、ではないですが、比較的、量も安さも半端ないです。

 

コロナのせいで、長らく不要不急の外出を控えていたこともあり、家族皆、至る所で飲み食いしまくりました。

 

旅程は、、、

初日は工場見学(午前)とこんにゃくパーク(午後)。

アミューズ富岡で一泊

2日目は道の駅めぐり(午前~午後)とめいたいパーク。

 

その後、こんにゃくパークへ再度寄り、予定していたお土産を買いまくり。

 

パーク傍の道の駅の食堂で特製手作りピザを食べる予定でしたが、既に閉店後だったので、泣く泣く高速に入って帰路へ。

 

========

 

初日のこんにゃくパークは、お昼を済ませるには物足りなさを感じますが、こんにゃくいもの加工方法と様々な調理方法は大変勉強になりました。

 

またこんにゃくの試食コーナー(無料)、これは大変お勧めです。

 

私のおすすめはこんにゃくで作ったラーメン。

 

麺つゆの味に大分助けられているとは思いますが、家族皆、旨い、でした。

 

スーパーや物産展等で売られていても良い位の味なので、見かけたらいかがでしょうか。

 

そして白滝や糸こんにゃく(どちらも縛ってないやつ)の唐揚げ。

 

天つゆとの相性抜群です。自宅で揚げる天ぷらの具材にも追加確定です。

 

めんたいパークですが、巨大めんたいおにぎりや明太パスタもとても美味しゅうございました。

 

味は最高でした。観光地だけに「異様にお高い!」と思いましたが。。。

 

========

 

(巡った順序が前後しますが、)

 

旅行中、私が最も感動したのは、道の駅で食べた、下仁田で有名なネギ、そのネギで作った、下仁田ネギの唐揚げです。

(お店のメニューでの商品名は完全に失念しました。)

 

売店のお姉さんに訊きましたが、ぶつ切りにして単に揚げただけ。

 

元々朝食後に小腹が空いた兄弟が、皆にコロッケを振る舞い、+で注文したものでした。

 

コロッケパクリ、それは食べなれた味でしたが、下仁田ネギが入っているとは知らず、何かの唐揚げパクリ。

 

( ゚д゚)ハッ!、ナニコレ、超(゚д゚)ウマー

 

片手に持っているコロッケを忘れてしまう位、美味しい。

 

ネギの苦さは一切なく、歯ごたえもザクザクではなく、ブニュっと柔らかく、甘みのある食感。

 

正直、下仁田ネギの食べ方で、これ以上に美味しい食べた方があったら教えて欲しいと思う程でした。

 

もしかしたら下仁田ネギならではの美味しく頂ける、調理方法なのかもしれませんね。

 

下仁田の道の駅に寄られ、売店メニューに下仁田ネギの唐揚げがあったら是非。

 

、、、検索したら、見つかりました。

道の駅しもにた

 

白滝や糸こんにゃく同様、今度下仁田ネギを手に入れたら、唐揚げ、挑戦します。

 

========

 

帰りの高速、兄弟が運転し、私が助手席。

母が後部座席で転寝中。

 

転寝前は大好きなスマホゲームをしていましたが、めんたいパークで食べたおにぎりとパスタで、お腹も大満足。

 

その後のお買い物であっち行ったり、こっち行ったりで、お疲れモードのご様子。

 

バックミラーに移る母の姿を見つつ、始終兄弟で雑談しながら、実家に向かっていました。

 

食べたかった特製手作りピザ(確か味噌味だったかな、、、忘れた)が食べれなくて悔しかった話に始まり。

 

仮に食べていたとしても、食べきれなかったであろうこと(それだけめんたいパークのボリュームが半端ない量でした)。

 

後でピザを食べる予定なのに、その前のめんたいパークでドカ食いするような注文の仕方が、その時に限った話ではないこと(いつも誰かが残して、もったいないから別の誰かが平らげる)。

 

旅行中に腹に入れたもので何が当たりで何が外れだったか。

 

食に関する雑談が続き、気づいたら母や祖母が作った懐かしの料理の話になっていました。

 

今回の旅行に出かける際、高速の車中で食べた、母の握ったふりかけご飯のおにぎりが美味しかったこと。

 

ふと兄弟がこれまで食べてきたあらゆる料理を振り返り。

 

「家の食事が一番美味しいと思わない?」

 

自分もよくよく考える。( ゚д゚)ハッ!、それ言えるかも。

 

ミートソース、ハンバーグ、煮物、シチュー、ラーメン、餃子、その他言葉では説明できない(というか料理の名前を忘れている)ほどの多くの料理。

 

美味しいと思ったことはあっても、不味いと思ったこと、一度もない。

初挑戦でイマイチであっても、2回目は私たち兄弟の口に合う味になっている。

 

学校の給食やレストランの料理、お菓子屋のお菓子だって、勿論美味しかった。

(いや、学校の給食は不味いと思うものがあったな。。。なんだっけ。。。)

 

それでも母や祖母の作った料理やお菓子の方が美味しいと思うのはなんでなんだろうか。

 

祖母の栗ご飯と母の栗ご飯。

 

大きな違いはご飯や栗の甘さ。

 

母は甘じょっぱい。それに対して祖母はしょっぱさが控えめで、どちらかというと甘い。

 

でもどちらも美味しく、甲乙つけがたい。

 

だが、2人が作った栗ご飯以外の栗ご飯を食べても、不味いとは思わなくても、2人が作ったものより美味しいと思ったことがない。

 

全く不思議です。食べ慣れた味を感じると、無意識に体が喜んだり、懐かしんでいるのかもしれません。

 

========

 

祖父が他界し、祖母が1人になり、ホームに入所して早7年。

 

孫たちのためにだったら、手間のかかる面倒な料理でも一生懸命作ってくれた祖母でしたが、祖父が無くなる頃には、お米を研いだり、卵を割ることすらも難しくなりました。

 

学校の長期休暇で旅行に出かける際は、前日遅くまで、当日早起きして、おはぎ、サンドイッチ、鮭のおにぎり、寒天、スイートポテト、赤飯、、、色々準備していました。

 

目的地へ向かう、祖父が運転する車の中で、兄弟共に美味しく頂いたこと、旅行の嬉しい思い出の一部です。

 

それらも不思議と、スーパーで販売されているものや食堂や菓子屋のものより、好きな味でした。

 

就職先が決まり、大学卒業を間近に控えた頃、何度も実家に電話しては、何か食べたいものは無いか、訊かれました。

 

今思うと、色んな料理の作り方を教わって、作れなくなった祖母に作ってあげれば良かったと後悔しています。

 

(今のご時世、入所した人への、手作り料理の差し入れは、NGなんですよね~。)

 

柔らかく煮込まれた、1cm厚の牛タンのシチュー、何度作って貰ったことか。。。

 

(私が)亡くなる前にもう一度食べたい味でした。

 

========

 

兄弟で、お家料理が一番、という話をどこから聞いていたのか。

 

気が付いたら、超ゴキゲンな顔でスマホゲームを再開している母。

 

母   :今日は帰ったら何作ろうかー?^^

兄弟共に:まだ食べられるんか~い!^^;(マジですかー)

 

いつも美味しい手料理をありがとう。お陰様ですくすくと成長できました。

 

いつまでも健康で長生きして、これからも美味しい料理を作り続けてください。

 

あ、でも体重増加で、関節痛が日に日に増しているみたいだから、食べ過ぎには注意してね!

 

今回も長々とくだらない話にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

【マイチョイス】ちょっと大きいハンドタオルと折り畳める布巾ハンガー

【マイチョイス】シリーズでは、

  • 実際に購入・使用して良かった商品
  • 類似品所有で購入予定が無くても気になる商品
  • 身内や知人が使用して高評価だった商品

等、私、辛口太郎なりに皆様にもお勧したいと思える商品をピックアップして、使用感やショッピングサイトのレビュー内容等、雑談交えながら、ご紹介していきたいと思います。

 

~~~~~~~~

 

普段タオル生地ではないハンカチを携行してる方はいらっしゃいますか。

 

私が知らないだけかもしれませんが、お手洗いで手を洗った後でハンカチで手を拭く方を、この5年間見ていません。

 

自身もいつから使わなくなったのか完全に忘れてしまうほど、ハンカチはタオル生地のものが当たり前のような時代になりましたね。

 

タオルハンカチ。いつからブームになったのだろうか。。。

 

ハンカチ王子」で有名な、2006年全国高校野球優勝校の斎藤佑樹さんがブームの火付け役みたいですね。

 

でもその10年以上前から、私が携行していたハンカチは常にタオル生地だったような。。。その頃はまだ当たり前ではなかったのかな?

 

私の家族も実家の身内も、今ではタオル生地ではないハンカチを携行することはなくなりました。

 

置物の敷物として使用したり、テーブルの上の食器入れのカバーとして使用したり、ポスターのように額に入れて飾っています。

 

タンスの奥に眠っている、使わなくなった、タオル生地以外のハンカチも、手拭き以外で色々使えますね。

 

~~~~~~~~

 

以前【失敗経験】もうブランド名では選ばない(タオル編)で、ブランドタオル購入での後悔を記事としてまとめ、投稿しました。

 

たった1枚のブランド物タオルハンカチの使用で、あまりの感動で、同じブランドのタオル類を計数万円出して購入して、後悔しました。

 

その失敗を通じ、色々勉強になったという経験談です。

 

書いた記事の内容に嘘・偽りや脚色はありませんが、ブランドタオルの存在を完全否定しているわけでもありません。

 

有名ブランドでも、実際使ってみて、初めて分かった使い勝手から、我が家には合わないものがあった。

 

その合わないものが1枚数千円もしたことと、代替品が100均にあったことから、とんだ散財だった、というだけのことでした。

 

購入したブランドタオルには、今でも買って良かったと思うもの、使い続けているものもあります。

 

今回はそのブランドタオルの1つと関連アイテムについてご紹介させて頂きます。

 

ハンドタオル5色セット(海野尾タオル株式会社)

https://m.media-amazon.com/images/I/A1PbXj69kmL._AC_SX679_.jpg

https://m.media-amazon.com/images/I/91OLSXLowoL._AC_SX679_.jpg

https://m.media-amazon.com/images/I/91LAfGeK2wL._AC_SX679_.jpg

https://m.media-amazon.com/images/I/91-lIE7mA6L._AC_SX679_.jpg

https://m.media-amazon.com/images/I/91k-VKBWGOL._AC_SX679_.jpg

https://m.media-amazon.com/images/I/91G04hmCepL._AC_SX679_.jpg

 

このハンドタオルのチョイスは私より、奥さんと娘が一押しでした。

 

2人とも見た目が素敵で渋いという点は同じ。

 

ハンドタオルだけでなく、フェイスタオル5色セットも同様に贈り物に良いとのことでした。

 

(大きさの違いなのでフェイスタオルのイメージは割愛します。)

 

実際、奥さんの実家(母の日)と私の職場の後輩(出産祝い)に贈り、喜ばれました。

 

娘は食器洗い後の布巾として使いたい、ということでした。

 

現在も他の布巾と切り替えながら使っておりますが、ガーゼタオル程ではないですが、見た目より、速乾性は高いと感じています。

 

そのため、購入当初は我が家の食器洗い用の布巾として使用していました。

 

手触りが良いのは勿論のこと、他に購入した同ブランドのタオルと比べて、端に付いている、会社のタグが小さいのも、家族には高評価でした。

 

本タオルより、生地がガーゼ調のガーゼタオルの方が、吸水・乾燥性能が優れています。

 

しかし丈夫さで比べると、本タオルの方が勝ると感じる、使用感です。

 

また他に購入したワッフル生地のタオルも、見た目も触り心地も良かったですが、洗濯の繰り返しで、生地が変形し易いと感じました。

 

ワッフル生地のフェイスタオルは、洗濯する度にタオルが少しずつ長い方に伸びていく感じでしたね。

 

暫くして、他のハンドタオルも購入したこともあり、ハンドタオル5色セットを職場で使うことにしました。

 

~~~~~~~~

 

皆さんは携行するハンカチをどこに入れていますか。

 

カバンやズボンのポケット等、区々だと思いますが、私は胸ポケットに入れています。

 

ご紹介のタオルは折り畳んで胸ポケットに入れるには、かさばる程に大きいです。

 

そのためタオルハンカチとして胸ポケットに入れることはありませんでした。

 

実は職場専用のハンドタオル(食器用布巾&手拭き)として使用していました。

 

出かける時の、無臭或いは芳香剤のいい匂いの、乾いたタオルハンカチですが、帰宅時には湿気臭い、濡れたタオルハンカチになったりしませんか?

 

私自身は湿気臭さが気にならなくても、職場の職員や電車の乗客の迷惑にならないか気になることもしばしばありました。

 

しかもお弁当箱は職場で洗うのが我が家のルール、スポンジや洗剤は職場のものを使えていましたが、布巾は無く、洗って濡れた食器や弁当箱を乾燥させる場所は無く、タオルハンカチで拭いていました。

 

更に職場に常備の水筒もあり、仕事終わりには毎度洗い、同じタオルハンカチで拭く。

 

退社時にシャツのポケットが濡れタオルの水分で染みているなんて、よくあることでした。

 

洗濯済みのシャツでも、脇の下に染みがあると、見ていて汚らしいと思いますが、脇の下でなく、胸ポケットも同じです。

 

声は出されませんでしたが、私のシャツのポケットを感じの悪い目で一瞥された時にはお互い不快になります。

 

そこで考えたのが、胸ポケットに入れるタオルは、折り畳んでもかさばらずに収まる、タオルハンカチ。

 

職場に常備するのは、ご紹介したハンドタオル5色全て、としました。

 

職場で使っているうちに汚れたり、湿気臭さが残ったりするので、そうなったら持ち帰り、洗濯して、またカバンに入れて職場へ、という感じです。

 

職場でも胸ポケットに入れるのはタオルハンカチのみ。

 

タオルハンカチを使って濡れたら、ハンドタオルを使う。

 

またお昼に洗った食器・弁当箱の布巾として、退社前に洗った水筒の布巾として、ハンドタオルを使う。

 

こうして、退社時には乾いたタオルハンカチを胸ポケットに入れられ、嫌な思いをしたり、させたりすることは無くなりました。

 

~~~~~~~~

 

でも、問題が1つありました。

 

濡れたタオルハンカチやハンドタオルをどう乾かすか、です。

 

DIYでもタオル掛けを作りましたがどれもイマイチでした。

 

そんな時に見つけたのが以下のタオル掛けでした。

 

折り畳み布巾ハンガー  (山崎実業(Yamazaki))

https://m.media-amazon.com/images/I/61A-bx-qXeL._AC_SX679_.jpg

https://m.media-amazon.com/images/I/617Yuelqa1L._AC_SX679_.jpg

https://m.media-amazon.com/images/I/714h05AqqTL._AC_SY879_.jpg

 

パッと見、DIYでも作れそうとも思いましたが、お値段が手頃だったことと、丈夫そうだったので購入しました。

 

何より、使わない時は折り畳んでおけば良いですし、使う時も写真のように開く必要はなく、端の一方を開くだけでも、安定して立てられます。

 

直角に開いた状態で、机の端に置き、濡れたタオルハンカチを干しておけば、退社時には乾いています。

 

また退社時に、お昼や退社前に使って濡れたタオルハンカチを干しておけば、次の日の朝には確実に乾燥しています。

 

それで湿気臭さを感じるようなら、そのハンドタオルは洗濯に持ち帰り、替えのハンドタオルを使えば良い、といった具合です。

 

~~~~~~~~

 

ある日、職場の後輩が、タオル掛けで乾かしているハンドタオルを見て。

 

「○○さん、そのタオル、超渋いっす!」

 

多分この先も忘れられないでしょう。^^

 

その後輩も丁度結婚1年目、出産祝いも考えていたので、それぞれのタオルの5枚セットを贈りました。

 

その1か月後に同じタオル掛けを自分で購入し、贈ったハンドタオルと共に職場に持ち込み、私と同じように使い始めるとは全くの想定外でした。^^;

 

「○○くん、そのタオル、超渋いネ!」

 

言い返してやりました。^^

 

~~~~~~~~

 

ご紹介したタオルもタオル掛けもアマゾンサイトの商品になりますが、この間まで送料無料が合計金額1000円超えればだったのに、今や合計金額3500円超えればになっちゃいましたね。

 

どちらも良いかもと思われましたら、2025年5月28日現在なら、ハンドタオル5色全て折り畳み布巾ハンガーで3500円オーバーとなるので、送料無料に出来そうですね!

 

商品代より、送料代が高いなんて、なんか馬鹿らしい、なんて思うのは私だけ?

【思い出】マイスープと 餡かけ丼

学生時代、生まれて初めての情報処理の授業。

 

父親がPC98パソコンで持ち帰り仕事をしていたこともあり、私も業務アプリやゲームを通じてそれなりにコンピュータに触れていました。

 

教室の大画面TVモニタに映し出される、キーボードのキー位置やマウス操作を見せながらの講師の操作や説明は、大変分かり易い授業ではありましたが、私にとっては正直退屈でした。

 

授業でたまたま隣り合わせた女学生。

 

キーボードやマウスに触れるのが初めてのようで、緊張している模様。

 

でも初めての時なんて何事も右も左も分からないものですよね。

 

演習の際、横目で見ていても、目が回っているような焦り様だったので、フォローさせて頂きました。

 

そんなこんなで3か月ぐらい同じ感じで授業を受けました。

(書いていて懐かしさがこみ上げてきた。)

 

ノートパソコンを買った話を訊き、どうやらコンピュータに興味を持ったらしく。

 

しかし肝心の設定やらオフィスアプリ、インターネット環境については全く無知な模様。

 

分かる範囲で構わないので、とフォローをお願いされました。

 

当時はまだ光回線はなく、電話によるアナログ通信下でのインターネットが当たり前の時代。

 

インターネットが普及しだすのは、これから、という頃です。

 

自宅で契約している通信プロバイダやモデムの設定も再確認し、土曜日のお昼過ぎに彼女のお家へGO。

 

========

 

お邪魔早々、ご両親から日頃のお礼まで頂き、笑いながら「いやいや、大したことしてないっす!」と言ったことをまだ覚えています。言い方もそのままですw

 

プロバイダによる戸外の通信は準備万端なので、インターネットは家の中の設備や設定のみ。

 

パソコン上の設定は直ぐに終わりましたが、部屋までの配線が一苦労。

 

同級生のお父様や弟さんにも協力頂きならが、3部屋への配線作業。

 

既に夜になっており、お父様から「今日は泊っていきなよ~」とのこと。

 

帰宅時に使う一部の路線バスにも間に合いそうになかったので、お言葉に甘えさせて頂きました。

 

夜は美味しい家庭料理もご馳走になり、特に中華風スープが美味しく思いました。

 

同級生のお母様からも「遠慮しないで沢山お代わりしてね」と言われ、2回ぐらいお代わり頂いちゃいました。。。

 

食後、作業を再開し、その日のうちに何とか整備が完了しました。

 

同級生が入浴の間、弟さんの部屋で、同級生のお父様、弟さん共に初のインターネット体験で感動していました。

 

暫く色々なページにアクセス、、、二人とも男同士、○○○な画像には興味津々でした。^^

(同級生が入浴中で本当に良かった。。。)

 

入浴を終えた同級生「あたしより先にインターネット、ずるーい」

うる覚えですが、確かそんないい方だった気が^^;)

 

========

 

翌朝、朝食は餡かけ丼を頂きました。

 

私の朝食は実家でも大抵パンでしたが、朝の餡かけ丼も結構いけると初めて知りました。

 

朝食を頂きながら、何か思うことがあったのですが、その時は気づきませんでした。

 

昼前にはPCの設定説明の続きとオフィスアプリについて説明を終え、「お昼も食べてって」とお誘いを頂きましたが、その後の外せない用事も控えていたので、頂いた2回の食事と宿泊のお礼を述べて、同級生宅を後にしました。

 

次の日コンピューターの授業で同級生と再会し、お互いお礼を伝えあった後で、餡かけ丼がとても美味しかったことを伝えました。

 

「あ~、あれ夜の残りに片栗入れて、餡かけにしたんだよ。」とのこと。

 

確かに同じ味でした。朝食を頂いた時に気づかなかったことはそれでした。

 

中華風スープの残りを暖めて、水で溶いた片栗粉を入れて、中華丼の餡かけに。

 

同級生宅では中華風スープが皆大好きで、大きな鍋に大量に作り、スープとして数日食卓に並び、少なくなったら、水で溶いた片栗粉で餡かけ丼の餡にするということでした。

 

更に「具も毎回違うから飽きないんだよね~。」と言われ、唯々納得。

 

目から鱗の当時の私。下宿先生活でのメニューに含めたのは言うまでもありません。

 

学校帰りに苦学生スーパーへ。早速片栗粉を買いました。

 

苦学生スーパーとは下宿先傍にあったディスカウントストアです。^^;)

 

========

 

学生時代のマイスープレシピは大体こんな感じでした。

ぶっちゃけ量は適当(自分の口に合えばそれでイイ)です。

 

出汁や味付けは好みと気分で適当に

  • 各種スープの素(コンソメ、鳥がら、中華、牛骨、豚骨)
  • 塩コショウ
  • 醤油
  • 白だし
  • ごま油(最後の仕上げに少量)

 

具材も好みと気分、お値段次第で適当に

  • 豆腐(食べやすい大きさに切って)
  • 卵(沸騰中に溶いた生卵を入れて、散らす)
  • きのこ類(食べやすい大きさに切って)
  • 野菜類(ちんげん菜、小松菜等の葉物類を食べやすい大きさにカット、もやしも意外とイケた)
  • 肉団子(鳥・豚・魚、小さい、薄い方が火が通りやすく、食べやすい)

 

当然残ったスープで餡かけづくり。

沸かしたスープに、水で溶いた片栗粉を入れて、とろみを出す。

そのままでは餡の味が薄いので、醬油や白だし、塩コショウ等で少々味を濃くして混ぜ混ぜしてから、皿に盛ったご飯にドロリ。

 

翌朝の自宅ご飯の機会が増えました。

 

沸かしたスープに肉団子が入っていなければ、お肉(挽肉やこま切れ肉)を入れても美味しく頂けましたので、結構お勧めです。

 

なお味噌汁や味噌ラーメンも好きな私でしたが、味噌風味の餡かけは、自分の口には合いませんでした。

(他にどんな調味料、具材で試したっけ。。。大分忘れ気味。)

 

========

 

今思うとキーマカレーと同様、スープや餡かけ丼も祖父に食べてもらいたかったと思います。

 

6月のお墓参り。都合よく事前に作れたら、持参しよう。

 

下らない思い出話に最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。

【騒音問題】当てになるのは耳栓だけ?(240524)

明日は10時からマンション総会。

 

実家の母・兄弟も参加のため、9時には実家へ車で向かう予定。

 

昨夜の23時過ぎ、寝る準備をして床に就きました。

 

しかし暫くして、天井から聞こえる騒音で全く眠れなくなってしまいました。

 

22:00過ぎ(また別の記事を書いていた頃)

ゴン。何か床に物を落とした、あるいは無造作に置いた感じの音が天井から聞こえ始める。

 

23:00

まとめた記事を公開後、天井が静かになったので就寝。

 

(。-ω-)zzz. . . 

 

23:45頃

 

(。゚ω゚) ハッ!

 

大きな音でドン、ゴン、これで瞬時に目が覚める。

断続的でも音が止まない。

 

眠れず、イライラが溜まり、傍に置いておいた物干しの先で天井を4回小突く。

 

暫く音が止み、落ち着いたかと思いきや、暫くして天井から小さい音が断続的にドン、ゴン、、、。

 

この時点で目が覚めてしまい、眠れなくなる。

何とか寝ようと横になり、目をつぶる。

 

24:50頃

大きい音で、天井から、ガン、ゴロゴロ。

5回小突く。

 

25:00

コン、コン、コン、コン。

2回小突く。

 

25:05頃

ズズーー、キャスターの無い椅子の脚を引き摺るような音

音が止まない。

 

25:08頃

ゴロゴロ音、何かを転がしているような音。

掃除機の先端? こんな時間に掃除?

2回小突く。

 

しばらく天井から音が続いた後に止む。

 

25:20

落ち着いたかな?

 

25:37

鈍い音で、数秒間に、どん、どん、どん、どん。

 

25:45以降

やっと落ちつく。でも眠くならない。

 

28:30(翌朝4:30)

*1、目は閉じているけど、全く眠れない。

どうしてくれるんだ(# ゚Д゚)

 

更に極めつけとして、、、

 

30:00(翌朝6:00)頃

大きい音で、こーん、こんこんこん。

 

ビー玉? パチンコ玉? 硬い球状の何かが木の床に落ちた音。

 

33:00(翌朝9:00)

天井を小突く以外、朝までずっと目をつぶって只横になっているだけでした。

 

実家は現在車なし、迎えに行けるのは私だけ。

何時眠気が襲ってくるか分からない状況で、車の運転なんかできる状況ではない。

 

マンション10年目になる前後の数か月、週に1度は騒音の夜。

 

既に管理会社も警察も当てにできないことが分かり、どうしたものかと眠い目をこすりながら、1人総会へ向かう私でした。

 

当てになるのは耳栓だけなの?

*1:+_+

故意による犯罪の刑罰をもっと重く見直すべきではないのか

私はAMAZONカスタマーの1人です。

いずれ、もしかしたら「でした」になるかもしれませんが、20年以上利用させて頂いています。

 

そんなAMAZONさんから今週2通のメールを頂きました。

(実際AMAZONさんからでは無かったですが。)

 

内容はそれぞれ

・引き落としができなかった(から至急下記番号まで連絡してください)

・誰かにクレジットカードを使われた(から本文の「注文キャンセル」ボタンをクリックしてください)

 

見た目もご丁寧にHTML形式の白と黄色のツートンカラー。

 

社会人として情報セキュリティ研修を受けたことがなければ、指定の番号へ電話したり、ボタンをクリックしていたことでしょう。

 

メールで人を騙すにしても限界があるんです。

 

差出人:~@hotmail.com、、、www

 

AMAZON側がカスタマーに対してhotmailで連絡するわけないでしょう。

 

メール情報はきちんと警察に届けさせて頂きました。

 

========

 

日本(人)だけではないと思いますが、特殊詐欺が絶えない日本。

 

騙す側の家庭・個人の状況でどうであれ、騙してお金を取ること自体、同じ日本人として唯々恥ずかしい。

 

私は騙し取られたことはありませんが、騙された被害者のニュースを見聞きするだけでも、その人の立場に立って考えると耐え難い。

 

加害者が騙し取ったお金で何をするのか、知ったことではありませんが、同じ空気を吸って、のうのうと人生送っていると思うと、自ら被害に遭っていなくても、腹が立ってきます。

 

========

 

「故意」って言葉がありますが、過失にも故意・不意があります。

 

タイトルは忘れてしまいましたが、昔見た映画内での出来事です。

 

麻薬の売人が、麻薬を買って貰うために、気分の良くなる薬と称して只で麻薬を差し出す。

 

麻薬とは知らず、使った客が病みつきになる。

 

病みつきになった客は精神異常に陥り、人を殺めてしまう。

 

人を殺めてしまった客は捕まり死刑に。売人は捕まらないまま。

 

使う客にも落ち度があるとはいえ、何かおかしいと思いませんか?

 

========

 

お金を奪われた人は直ぐには死なないかもしれません。

 

でもお金を奪われたことで、犯罪を犯したり、犯さずとも、お金を奪われたことで借金を返せなくなり、生活苦に陥り、最悪自ら命を絶ってしまうこともあるかもしれません。

 

人を殺めると死刑ですが、人を殺めていなけれ死刑にはなりません。

詐欺罪は10年以下の懲役程度です。

 

技術の発展と同様、犯罪の多様化の昨今、刑罰の内容も含めて見直し、より厳しく、且つ、抑止につながる内容に変えて欲しいと一日千秋の思いです。

 

ちょっと過激な意見になりますが、故意に犯罪を犯す人間に、この世に生存して欲しくない(一刻も早くお亡くなりになって欲しい)と思うのは私だけでしょうか。

 

人生は永く、この先いつどこで何がきっかけで道を外してしまうのか、私自身も正直自信はありません。

 

それでも、故意に罪を犯すことだけは、絶対にしたくないと強く思います。

 

自他共に、故意に罪を犯すなら、その前に自らの命を絶って欲しい。

 

(私の強い思いはこの位にして)

 

========

 

最近弁護士YouTuberである、久保田康介さんの動画を見ています。

 

実際に詐欺師に電話して、相手の情報を聞き出しつつ、最後に自らの職業を名乗り出て、相手に詐欺を止めるよう説得する動画を作成・投稿されています。

 

法律に疎い私にも分かり易い説明を交えながら、詐欺師を撃退していく内容になっており、大変勉強になっています。

 

別に起こした記事で触れようと思っていますが、こういう生きていく上で知っておく方が良いことを小・中・高でもっと教わりたかったな、といい歳がつぶやく。

 

========

 

10年以上前に実家でオレオレ詐欺がありました。

 

100万円指定の口座に振り込んで欲しいという電話相手(私らしい)からの要求。

 

念のため口座番号を控えた後、最後に、母と本当の私しかしらない合言葉。

 

母が電話の私に話しかけ、相手の様子をうかがうと、「ん、何?、なんだって?」

 

直ぐに電話の相手が本当の私ではないと分かったようです。

 

念のため、仕事中の私に電話。

 

母:あんた、今電話した?

私:してないよ。

母:やっぱりね。今オレオレ詐欺を初体験したよ(#^^#)

私:どうやってオレオレ判断したの?

母:「~」(私と母の合言葉、まず他人には分からない。^^)

私:なるほど、そりゃ直ぐに俺じゃないって分かるね!

母:でしょ。( 厂˙ω˙ )厂うぇーい

 

(顔文字って色々あるんですね~)

 

その後、警察に着信記録(音声付き)と口座番号を連絡したようです。

 

合言葉(というより子供の頃の私の口癖なのですが)、思わぬところで役立ちました。

 

今回も最後まで雑談にお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

家を選ぶまでに見聞き、考え、感じたこと

実家と同じ市内にある分譲マンションに住んで10年。

 

高校時代、学校帰りに寄った遊戯施設でビリヤードをしながら、窓から見える駅近の駐車場を見て、「ここが家だったら、傍になんでもあって良いな~」と思っていた頃が懐かしい。

 

期待した場所にウン十年後、マンションが建ちました。

 

価格、間取り等、希望に沿うかどうか確認して、購入することに。

 

でもそれまで見てきた物件数は両手では数えきれず。

 

コレは!と思えるものは1つもありませんでした。

 

今思うと、コレは!と思わない物件を無理に購入していたら、確実に後悔しています。

 

殆どの物件で100%、お金のやりくりができず、自己破産確定の将来を迎えます。

(自身の性格や考え方から、だろう、ではなく、絶対です。)

 

お金の問題だけではありません。

 

購入に至るまでのウン十年間、見聞き・考えたりが無ければ、買った満足より後悔が勝っていたと思います。

 

皆さん(特にマイホーム購入検討中の方)の参考になるかどうかは保証できませんが、私が家を選ぶまでの経験を、雑談交えて振り返りたいと思います。

 

========

■一括で買えるお金が貯まったら買う。

 

(家に限った話ではないですが。)

買うなら一括で。買えないなら賃貸で我慢。

 

家買うと固定資産税が発生しますが、賃貸なら発生しません。

 

ローンを組んでも、将来何が起こるか分かりません。

 

いざ売却しようとしても、残債があれば抵当権なるものがあるために、売却ができません。

 

「だったら賃貸に出す」という方もいるかもですが、物件によっては住み手がいなければ収入になりません。

 

親が購入した実家のローン返済でも、ローンを組んだ当初は思ってもいなかったことが、実際に起こり、完済まで大変苦労していたのを覚えています。

 

まずはどうしたらお金が貯まるか・増えるか考えて、行動に。

家を買うのはお金が貯まったら、とした方が良いと思いました。

 

そういう私もローンを組んでいます。

でも組んだローンの残債はいつでも返済できる状態です。

そういう貯金がある状態だからこその購入なんです。

 

「返せるだろう」はとても危険です。

「返すお金はいつでも用意できる」状態にする方が良いと思います。

 

因みに、私がローンを組んている理由は、一括で買えるお金があっても、返済以外で優先的に使う必要が出てくるかもしれないからです。

 

でも完済までの利子18万円程(変動金利で35年、現状での金利計算)。

 

高々と思うかもしれませんが、正直無駄です。

 

この金利だって先々どう変動するか分からないのですから、完済しても良い貯金額になれば、即残額返済予定です。

 

■価値は年々下がっていくもの。

 

土地は別として、建物自体は車に似ていると思いました。

 

年を重ねるごとに老朽化が進み価値が下がっていく。

 

税金だってそれぞれ発生する。

 

売却も視野に入れるなら、定期的に家の価値を調べる(最低でも意識する)必要があります。

 

■リーチ(住戸扉からマンション入り口まで)と昇降機(エレベーター)故障。

 

28階建て商業ビル25階フロアで10年間仕事していました。

 

半年に1度の避難訓練。誘導に従い、25階から階段で地上へ。

 

当時はまだ年も若かったので大して苦になりませんでした。

 

最上階の食堂に行く前、1階から28階まで階段で上がり、食堂に行けるぐらいでしたから。

 

10年後、運動不足も祟り、汗一つかくことなかった避難訓練で汗ダラダラ。

 

この調子ではまずいと思い、フロアに戻る際も1階から階段で上がる際中、息が上がり、8階から昇降機へ。

 

昇降機で25階へ戻りながら。

 

  • 昇降機が使えなかったら、歩いて上り下り。出ず症になりそう。
  • 昇降機沢山あれば良いけど、維持費ってどのぐらい(高そう)?
  • 昇降機を使っても仕事場フロアと地上との行き来に最短5分(昇降機待ち無し)

 

外出るまでにカップラーメンが食べられるw

 

■景色なんて見慣れる。

 

上述の28階建て商業ビル25階。

 

窓から見る風景、南側は一面海、北側は山や緑、初めて見た時には感動モノです。

 

風景は四季折々、大変風流ですよ。

 

でもね、5年も見ていれば慣れるんです。

 

何十年も同じ高層階に住まわれ、今でも心から「ここから見る景色はステータス」、「ずっと見続けたい」と思われている方にはベストチョイスだった思います。

 

本当に羨ましいです。心からそう思います。

 

私は山頂から見下ろす景色が大好きで、高山登頂後の雲海は時間の限り眺めていたいです。肉眼で初めて見た時は、登山で流した汗や疲労が吹き飛んでしまうぐらいでした。

 

あの頃デジカメとかケータイとか持っていたらなぁ~、そんな時代じゃなかったし。

 

雷鳥の親子が、目の前を通り過ぎた時、下山中の年配の登山客が目を輝かせながら、

 

「滅多に人前には出てこない雷鳥が子連れで登山道を横切るなんて初めて見たよ。こんな様を観れるなんて、とても貴重な体験なんだよ。」

 

カメラマンの叔父からカメラを借りておけば良かった。。。(;´д`)トホホ

 

(話は脱線しましたが、)でも、スカイツリーとか、サンシャイン60とか、東京タワーとか、京都タワーとか、ずっと高いところから景色を眺めいたいか、というとそうでもない自分に気づきました。

 

何度も見たいなら写真を撮っておけばいい。

 

あの日あの時の雷鳥の親子。。。

 

脳裏には焼き付いていますが、今でもカメラ不携行の後悔を引きずっています。

 

■物をどかなさいと開けられない扉。

 

実家の車庫。1台分のみでしたが、玄関の扉を開けたらすぐ乗り込める。

 

それまでは団地アパート暮らし。駐車場を借りていましたが、駐車場まで徒歩5分。

 

晴れの日は良いですが、雨の日は大変でした。

 

車庫自体は満足でしたが、車庫の側面の家壁に付いた、玄関扉の半分ぐらいの高さの開き戸の扉。

 

空けると、かがんだ大人が2人分入るスペース。

 

用途を聞くと、朝出すゴミ袋を一時的に置いておくスペースとのこと。

 

朝、父が会社へ車でGO。その後母がゴミ出し。なるほど。

 

ところが父の仕事が朝番から夜番へ。

 

夕方17時、会社へ車でGO。翌朝7時には帰宅。

 

その1時間後。「ねぇ~、車どけて~」と母の声が響く。

 

それ以来、出し入れ自体も面倒になり、出すゴミの一時置き場としては使っていません。

 

どういう経緯で用意したスペースかは敢えて突っ込みませんでしたが、常時開け閉めできない扉何て要らないです。

 

屋内に扉を付けて物置にしたら、今でも使えていたのではないか、とつくづく思います。

 

■10年単位の修繕費用の積立。

 

今年で実家も35年目。

 

カビが生え、水漏れが発生し、床は椅子のキャスター等の擦った跡でボロボロ。

 

壁塗り数回、床下換気機器設置等、シロアリ対策等、毎回10万単位のお金をかけて、総額300万は軽く超えていると思います。

 

10年ごとのマンション修繕。

 

幾らかかり、それまでに各住戸からどれだけ積み立てておく必要があるのか。

 

積立金の安さも家を選んだ理由の1つという同僚がいましたが、マンション売出中の修繕計画なんて所詮は購入者の気を引くための材料。

 

5年目の総会で積立金が全然足らないことに気づき、月当たりの積立+1万円、年間12万円の追加支出に。

 

マンションの住戸数や壁面積の割合(住戸数に対してどれだけ外壁面積が広いか)も、毎月の積立金額が影響する話を訊いて、家を買うことに一層慎重に。

 

奇麗好き、でも支出は最低限にしたいなら、新築を買うより、借りる。

何年か住んだら、別の新築を借りて、引っ越し。

この繰り返しが、良いのかな、と今でも感じています。

 

敷金・礼金・毎月の賃貸料、退去時の費用(住んでいた物件の所有者に払うもので、引っ越し費用ではありません)等、物件次第とも思いますけどね。。。

 

■今は良いけど、将来問題ない?(将来性を考える)

 

実家の「小上がりの和室」。

 

ネットで調べて出てくるような膝の高さの段差ならまだ許せました。

 

しかしどこで見てきたのか、足のくるぶし程度の段差の「小上がりの和室」。

 

将来何が起こるか何となく想像された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そう、足を引っかけたり、打ち付けるんですよね。

 

これまで母は3回足の指を骨折しています。

 

実家に引っ越した頃の母との会話、今でも忘れません。

私「何でこんなツクリにしてもらったの?(やんわりと)」

母「だってお友達の家で見てすごく素敵だったんだもん💛」

私「足引っかけそうじゃん。」

母「私そんな年じゃないしー、馬鹿にしないで頂戴!(#^ω^)」

私「。。。(あんたは永遠の40代かー!)」

 

■それ、要らないな(要らないから、その分安くして)。

 

あって満足している方で気分悪くされた方がいらっしゃったらすみません。

が、私には不要でした。

 

特にマンションの説明会等の初見で感動することが無くなったのは、私にとっては好都合でした。

 

新しい物、素敵な外観には心惹かれてしまうものですから、初見のその思いで購入してしまう方がいらっしゃること、分からなくもありません。

 

・出窓

実家での経験ですが、出てなくても奇麗にするの面倒なのに、出ているだけで面倒さが増します。

 

・外壁のプランター

鉢植えは好きですが、特に2階以上で外側に付いているものはリスクでしかない。

もしも落下して通行人にケガさせたら、その責任は住人になりますので。

 

・ミストサウナ

仕事の同僚で、念願のマイホームを手に入れた方がいて、お家に招待される機会がありました。

お邪魔した際、是非にということもあり、使わせて頂きました。

 

サウナ好きならとても気に入るのかもしれません。

でも特段サウナが好きというわけではない、私には、近所のスパや、たまの旅行先の温泉宿で利用する程度で十分でした。

 

でも使わせて頂き、本当にありがとうございました。大変良い経験でした。

 

・食洗器

こちらもミストサウナの同僚に見せて頂きました。

今日のシステムキッチンには大抵付いていると思います。

 

浅型と深型の2種類があり、同僚が選んだのは深型でした。

 

選択自体はコスパ的にも正解だったと思います。

 

でもやはり限界はあると感じました。

 

何より気になったのは汚れを落とすにはそれなりに準備が必要ということです。

 

外食したり、バイキング形式のレストランで経験された方も少なくないと思いますが、食器の洗い残し。

 

洗い残しの有無のチェックは食洗器の機能として備わっておりません。

 

汚れた食器を暫く放置して、洗剤を入れた食洗器で洗ってもまず汚れは落ち切らない、ということです。

 

汚れたら食器は食洗器で洗うまで、水を付けておいて、スポンジで軽く拭けば汚れが簡単に落ちる状態にしておかないと、ほぼ確実に洗い残しが発生します。

 

そういう欠点を見せてくれた同僚にも大変感謝しています。

 

使い勝手が分かってさえ分かっていれば、洗剤や水の扱いで、手荒れの酷い方には大変お勧めの洗浄機器です。

 

ディスポーザー

こちらもミストサウナの同僚に見せて頂きました。

 

とても魅力を感じています。素晴らしいと感動しました。

初めて知った当時は後付けが出来ないと聞いていましたが、今ではそうでもないらしい。

 

でも使っている中で感じたのは、騒音と遅さ。

22時以降から朝方に流しを頻繁に使う人がいたら、機械音が気になって仕方が無いと感じました。

 

技術の進化に伴い、年々騒音も軽減し、スピーディに動作するようにはなるとは思いましたが、初めて見た当時は、私が満足する程のものではありませんでした。

 

元々生ゴミの量が少ない実家・田舎で育ったので、

 

田舎(庭に捨てる)

野菜や卵の殻、その他の食材から出るものは全て庭の肥料

(穴掘って、捨てて、埋めるだけ)

 

実家(庭付でも普通にゴミ出し)

ゴミが排水溝の網目ネットに溜まったら、取り出して水切り。

スーパーの無料の半透明のビニール袋に入れ、袋内の空気を抜く。

口を閉じる前に、空気の流入を少しでも抑えるために、袋の上部を握り、下部を左か右に何度も回すことで、上部を捩る。

口を縛って市の生ゴミ袋へポイ。

それでも夏場は隙間から出る臭いが気になることもあるので、市のゴミ袋は小さめのもので出す頻度を多くする。

 

ディスポーザーとのメリット・デメリットと比べて、どちらが良いかと言われると難しいですが、是が非でもディスポーザーを、と思う私ではありませんでした。

 

・浴室の鏡

入浴中、曇って何も見えない。そもそも何を映すのか?

 

多くは「剃る髭」という回答でした。

 

でも髭の有無って鏡が無くても手触りで分かりません?

 

それに、カビが生えたり、表面の白い汚れ(水分のカルキが固まったもの)で見えづらくなったり。

 

実家の浴室にも付いてましたが、家族にとっても良いことが何1つありませんでした。

 

・機械式駐車場・屋根のない駐車場

機械は動作が遅く維持費がかかります。

また両方とも鳥フンや落ち葉等で汚れます。

特に洗車直後の鳥フン、結構頭にきます。

 

■湯も沸かせない。

 

零細企業に勤めていた3年。

当時お世話になっていました会社社長の苦言でした。

 

市内でも有名な大型のタワマン。

その一角に住んでいらっしゃいましたが、πもとい、3.14の大地震の後、暫く電気が使えない日が続きました。

 

発生当時は電気を常に必要とする地域以外は、停電時間帯がありました。

 

マンション周辺に病院が多ければ、そのような目に遭うことは無かったようですが、残念ながらありませんでした。

 

帰宅時間帯によっては18階まで階段。ご老体には相当答えます。

 

無事帰宅して好物のレトルト食品を食べようとしても暖められない。

 

何より私と同じく大のコーヒー好き。

朝の淹れ立てコーヒーを作るための湯を沸かすことすらできない。

 

飲みの席での笑い話とはいえ、そんな話を訊いたらとても手を出せません。

 

■タワマンの維持費、怖くて聞けない。

 

前述の28階建て商社ビルの裏手にいつしか立派なタワマンが建つことに。

 

朝、ビラ配りのお兄さんから手にしたマンション広告を私に見せた、当時の部長。

 

冗談交じりに「どうよ、買ったら通勤徒歩1分だな。最安でも1億2000万。俺は手が出ないけどな。買う奴いるのかよw」

 

その後、戸数は不明でしたが、売れている話を近所の住人から聞きました。

 

でも、タワマン購入者にはすみませんが、魅力の「み」の字も感じられない私です。

 

勿論買ったら(というより買えたら)、相手がどう思うかは別としても、人に自慢できることは間違いなしです。

 

「億のタワマン、買っちゃった!」と生まれて初めて訊いた時には、色々考えて買ったのであろう、という前提で話を訊いていたので、唯々尊敬するばかり。

 

ですが私が何より魅力を感じられないのが、どれだけ維持費が掛かるのか、想像もつかないことです。

 

10年目はまだしも50年後はどうなっているんだろう。。。

 

万一「このタワマン住戸、プレゼントするよ」と言われても正直な気持ち、頂けません。

 

■そのスペース、別の何かに使えない?

 

初めてのモデルルーム見学。

 

実家より広い幅の廊下、実家にはないウォークインクローゼット(WIC)を見て、「素敵!」と感動しました。

 

購入物件では必ずその2つを必須としようと心に決めていたほどです。

 

ですが、物件3つ目のモデルルーム見学。

 

廊下が一切存在しない間取りのモデルルームに入り、

 

「( ゚д゚)ハッ! 無駄がない」と気付きました。

 

同じモデルルームにWICも付いていましたが、同様にWIの無駄に気づきました。

 

私なら、幅広の廊下の端に物を置いたり、WI部分に物を置いたりしてしまうだろう。

 

と思ったら、リビングなり、個室なり、部屋の一部にしてしまいたい、と考えるようになりました。

 

========

 

以上ですが、改めてマンション購入して良かったと思うこともあれば、後悔する部分もあります。

 

勿論将来的には人に貸したり、売却処分することも視野に入れています。

 

ただあの時買っていなかったら、どうなっていたのだろうか、と考えました。

 

また今の自分が購入検討時の自分に会うことができたら、反対するのかどうか。

 

自分の性格や過去の経験から、購入していなければ、100%後悔、という結論に至りました。

 

今のところは不満を抱えつつも、末永く住み続けていきたいと思っています。

 

明日は年に1度のマンション総会。修繕開始も目前です。

 

=========

 

長文大変失礼しました。

 

1つ1つを記事にまとめたかったのですが、書いたことを忘れ、同じことを何度も書いてしまいそうだったので、1つにまとめてしまいました。

 

また書ききれていないことも多々あり、日を改めて追記したいと思います

 

失念していることもあるはずなので、それは思い出したら。

 

長文の稚拙な文章を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

記事の内容が購入検討の一助になりましたら幸いです。

シチューの変わった食べ方

カレーとシチュー。

 

入れる具材は大して変わらないのに、なんでカレーはライスにかけるのに、シチューはライスにかけないのか?

 

だからといって、ライス無しでシチューだけだと食べ盛り・育ち盛りの私には物足りない。

 

子供の頃から大好きなシチューでしたが、シチューの入った皿を目の前する度に思うことでした。

 

ある日、今日の夜はシチューにする、と母から聞き、ライスの上にシチューを載せて、シチューライスにしてもらったことがありました。

 

当時カレーが苦手だった私にとって、シチューライスは大変美味しく頂けましたが、それでも何か物足りない。

 

その物足りなさが当時の私には分かりませんでした。

 

========

 

母の作るドリアも大好きで、やはり子供の頃には何度も作ってもらいました。

 

ご飯の上のホワイトソースはとても美味しいですが、それに含まれている塩分量が私にはビンゴだったから、ご飯とマッチして美味しいと感じたのだと思いました。

 

(久しぶりに母の作ったドリアが食べたくなってきた。。。)

 

ふとシチューに塩コショウでも入れたらご飯と合うかな、と思い。

 

しばらくして、またまたシチューの日。

 

ライスに盛ったシチューに塩コショウを振り、混ぜ混ぜしてライスと一緒にパクリ。

 

ん-、混ぜないより混ぜた方が美味しいとは思いましたが、やっぱりなんか違う。

 

========

 

月日は経って、社会人1年目。

 

会社の傍にリンガーハットがありました。

 

それまでリンガーハットで食べたことのなかった私に、同僚から昼飯のお誘い。

 

生まれて初めての長崎ちゃんぽん、サイコーに美味でした。

 

完全にハマり、毎日お昼はリンガーハットへGO。

 

ほぼ毎日ちゃんぽんだったので、数か月で飽きる。

 

そうなるとどうしても他のメニューに目移り。

 

長崎ちゃんぽん皿うどん、、、皿うどんって何?

 

ということで皿うどんに挑戦、、、、、コレも美味い!

 

早い話が餡かけかた焼きそば(太目)ですね!

 

トリビアですが、皿うどんは和食、かた焼きそばは中華料理なんですね。

 

(やばい、長崎ちゃんぽんも食べたくなってきたよ。。。)

 

========

 

またまた月日は流れて社会人数年目のある日曜日。

 

今日はシチューにするけど、具材が無いから買い物に行くけど、行く?

 

母に誘われ、一緒に近所のスーパーへ。

 

野菜コーナーで、ニンジン、玉ねぎ、じゃがいもをかごに入れ、シチュールーを探しているうちに、麺類コーナーの前を通過。

 

何気に見ていたら、長崎ちゃんぽんの皿うどん、ではないですが、太めのかた焼きそばが目に入りました。

 

久しぶりに皿うどんの揚げ麺を見て、懐かしいと思うと同時にふと、

、、、ん、合うかな?、と思い、カゴへ。

 

レジ前でかた焼きそばの存在に気付いた母から、かける餡の具材ないよ、の返事に、シチューを掛けて。

 

夕食時、シチューライス、もとい、シチュー皿うどんを食しました。

 

( ゚д゚)ハッ!、コレでしたw

 

その日以来、シチューの日はかた焼きそばでシチューそば。

 

独立後の我が家でも定番メニューです。

 

シチューに焼きそば麺は、調べるとヒットしますが、シチューにかた焼きそばなんて、私の母や家族以外で食べたことのある人、この世にいるのかな?

 

いらっしゃったら是非コメントをくださいませ~!^^

遺品の掛け軸

今は誰も住んでいない田舎の祖父母宅。

 

遺品整理目的でGW中に足を運びました。

 

数えきれないほどの物の量に圧倒され、その日に整理する部屋を床の間のある和室に限定しました。

 

それでも大量のものに溢れていて、何があるのか、把握することに一苦労。

 

使える物、売却する物、廃棄する物、で分類し、別の部屋に並べていきました。

 

床の間の隣の押し入れに細長い箱が数本。

 

蓋を空けると中身は全て掛け軸でした。

 

勿論使える物には分類できませんでしたが、1本は思い出の品でした。

 

========

 

学而不思則罔

思而不学則殆

 

細長い生地に縦書きで書いてあるイミフな2列の文字列。

 

確か小学校6年生の夏休み。

 

床の間の前に座らせた祖父が見せたものでした。

 

祖父は私に、読み上げ、意味を説明してくれました。

 

マナビテ オモワザレバ スナワチクラシ

オモイテ マナバザレバ スナワチアヤウシ

 

記憶の限りでは、意味は確か、

 

学ぶだけで、考えなけば、理解したとは言えないよ

学ばずに、考えるだけは、危険だよ

 

※(念のため)正しい説明はこちらでご確認ください。

 

========

 

その上で祖父が私に伝えたかったのは、

(祖父が口にした言葉を一字一句覚えているわけではありませんが、)

 

人の話や書物の内容を真に受けず、正しいのか間違っているのか、常に考えるようにして、判断力をつけなさい。

 

また長い人生、これから色んな経験をするはず。

 

言動の良し悪しについて、自分本位の身勝手な判断はしない方が良い。

 

判断に困ったら、人に訊いたり、書物で調べなさい。

 

生きていく上で必要な知識は沢山あり、俺(祖父)だってまだ足りない。

 

学業に限らず、また、やってはならないことも含めて、何でも学びなさい。

 

してはならないことを、する・しないは、学ぶこととは別の話だから。

 

========

 

私が社会人になってから、祖父に訊いたのですが、論語とか、孔子とか、そういう知識は祖父にはどうでも良かったみたいです。

 

祖父は大嫌いだった祖父の父(私にとっては曾祖父)から子供の頃に教わった言葉らしく。

 

教えられたその場で十分に理解できなかった祖父でも、その後の人生において、父(曾祖父)に教えてくれたことを感謝していました。

 

私も当時祖父の伝えたかったことは、言葉として覚えていても、十分に理解できず、自分のために何かしてくれたんだな~、位にしか思っていませんでした。

 

しかし進学するにつれ、また社会人経験を積むにつれて、伝えてもらったことのありがたみを感じずにはいられませんでした。

 

孫の私に対してだけではありませんが、祖父の子供たちに対する思いには唯々畏敬の念しかありません。

 

もしもあの時教わらなかったら、どんな人生を歩んでいたのだろうか。。。

(それなりに生きてこれたとは思いますが。。。)

 

でも欲を言うと、もう少し人の話が訊けて、物事の理解力がついてから教わりたかったな。

 

大変わがままな言い分で贅沢な態度ですが、それができない小学校6年生でした。

 

========

 

「スナワチ」の前に「コレ」があった(祖父からそう聞いた)覚えがあるのですが、覚え違いみたいです。。。

 

それにしても子供の頃に教わったことって、どうして忘れずによく覚えているんですかね。

 

一週間前の出来事なんて何にも覚えていないのに。。。

 

そういえば大学の教科書、結構間違った記載や数式がありました。

書いてあることが正しいと真に受けて読んでいると、理解に詰まり、痛い目を見ることに。

 

情報処理の仕事中、ネットで調べて、見つけたプログラムの一部、そのまま利用したら想定通りに動作しない。

何のことはない、そもそもネットのプログラムに誤りが。

【思い出】キーマとマイレシピ

私は大のカレー嫌いです。いや、でした。

 

ニンジン、玉ねぎ、じゃがいも、他の料理に含まれている時は全く問題ないのに、カレーに入っているだけで、もうイヤ。

 

何のことは無い、カレー(辛いもの)が駄目だったんです。

 

私の子供の頃の実家のカレールーは100%辛口。

 

私を除く家族全員が辛い物好き。一味を入れてさらに辛くする人も。

 

だからカレーの日は、ルーを入れる前の一部の具材を別の鍋に移し、私だけシチューにしてくれた母。

 

そんな気遣いに今でも感謝しています。

 

料理の仕方は小・中学校の家庭科の授業で習うだけでなく、母に教わったり、ボーイスカウトのキャンプ等で覚えたり。

 

レシピや調理順序など、作り方を心得ていましたが、大学1年時の1月22日(カレーの日)まで、好んで食べることは勿論、人のために作ることはありませんでした。

 

========

 

2限目の授業が終わり、学友と学食へ。

 

カレーの日当日ということもあり、皆注文するのはカレーがほとんど。

 

カフェテリア形式のカレーコーナーがいつにも増して行列ができていました。

 

カレー嫌いも拍車をかけて、学友皆がカレーを注文する中で私だけ中華丼。

 

学友の1人が私のカレー嫌いに気づいたようで。

 

その学友はカレー好きで、当日の夕食もカレーにする予定とのこと。

 

私に合うカレーを知っているという学友のお誘いを受け、5限目が終わり、目的のカレーハウスへ。

 

インド人が経営するカレーハウスで、エキゾチックな雰囲気のある店内でした。

 

はじめてのカレー専門店、メニューを見てビックリ。

 

カレーの種類が20種類もあり、どれを選んでよいのか全く分からない。

 

私を誘った学友は私の好みを確認しながら、チョイスをアドバイス

 

「キーマ?」

 

見聞きなれないカタカナが目に入り、学友に確認。

 

食べやすそうだったので、ベジタブルキーマを選択。

 

更に問題の辛さについてもビックリ。

 

「超甘、、、砂糖でも入ってるんか?」

(記憶の限りでは、「激甘」ではなかったはず。)

 

シェフ曰く、カレー以外の辛い香辛料は一切使わず、他の香辛料を使ってマイルドに仕上げた、微かな辛さも苦手だったり、お子様向けの辛さとのこと。

 

であるならばと、超甘ベジタブルキーマカレーを注文しました。

 

========

 

暫くして注文したカレーが目の前に。

 

カレー会に参加した学友達が注目する中、スプーンですくったカレーを、ライスに付けずに、おそるおそる一口パクリ。

 

(´~`)モグモグ、Σ(๑ °꒳° ๑)ビクッᵎᵎ、少し遅れ、ウ,ウマ━━━Ψ(°д°;!)━━━!!

 

顔文字に慣れていないので伝わりにくいと思いますが、野菜類が程よい歯ごたえで、硬すぎず、柔らかすぎず、お肉もそぼろ状の挽肉なので、食べやすい。

 

何より辛くないカレー、専門店だけに苦学生にはお高めでしたが、お代わりしちゃいました。^^

 

緊急事態にと傍に用意していた冷水は食べ終わるまで全く不要でした。

 

食べ終わってから、お代わりのお礼を伝えにシェフが席に来ました。

 

辛い物が苦手なことを話したら、トマトとワインを使ったカレーを勧められました。

 

それ以来カレーを作る機会が増えました。

 

勿論トマトを使ったキーマカレーです。^^;

 

========

 

学生時代に作ったカレーのレシピは、

 

  • ルー(バーモントカレー甘口だったはず、1箱の半分)
  • トマト缶(ホールトマトかカットトマト、1缶丸まる)
  • 挽肉(豚のみ、または牛との合い挽き、600g)
  • 月桂樹(無くても問題なし、実家では必ず入れていた)
  • 料理酒(無くても問題なし、肉の臭みを飛ばす程度)
  • 塩コショウ(無くても良いけど、無いと私には物足りなかった)

 

シェフのお勧めの通り、ワインを使いたかったのですが、料理酒があったので代用しました。

 

肉の灰汁取りや具材を長時間煮込む等手間暇をかけず、

 

  1. 鍋に油を敷き、挽肉と料理酒を投入
  2. 挽肉と料理酒を絡めつつ、赤身が無くなり、アルコールが飛ぶまで炒める
  3. トマト缶を入れ(ホールトマトなら潰し)、塩コショウと月桂樹を投入
  4. かき混ぜた後、沸騰するまで煮込む
  5. 火を消し、ルーを投入後、溶かしながらかき混ぜて、出来上がり

 

慣れると15分弱、何度作ったか分からない位作っていたな~、本当に懐かしい~^^

 

大量に作っても、冷めたら鍋ごと冷蔵庫へ。

 

鍋の冷めた残りのカレーは、カレー皿へ食べる分だけスプーンで移し、ラップ掛けてチン。

 

チーズを入れてとろけるまでチンしても美味しく頂けました。

 

下宿先の近所に、私が「苦学生スーパー」と勝手に呼んでいた、生鮮食料品を扱うディスカウントスーパーがありました。

 

ルー、トマト缶、挽肉をまとめて買っても500円強。

 

そのため学生時代に作った大半の料理はトマトキーマカレーでした。

 

冬場は体を温めるためにも都合が良かったです。

 

カレーに誘ってくれた学友、カレーハウスのシェフには大変感謝。

下宿中の3年間、苦学生スーパーにも助けられて、本当にありがとうございました。

 

========

 

社会人になってから大分経ち、そんな学生時代の話を生前の祖父に。

 

是非食べてみたいとのことで、田舎でも作ることに。

 

シェフのお勧めを覚えていたので、祖母が愛飲していたワインを少々拝借。

 

料理酒は使わず、トマト缶と一緒にワインも投入。

 

あとは学生時代と同じレシピと要領で作りました。

 

トマトと挽肉の入った見慣れないカレーに驚きながらも一口パクリ。

 

「へ~、美味いね~!」と笑みを浮かべた祖父の表情を見てほっと一息。

 

ワインを入れたのは初めてだったので、私も一口パクリ。

 

もっと早くに挑戦すれば良かった、、、好みやワインの種類・状態、調理の仕方にもよると思いますが、料理酒ではなくワインを選んだ方が美味しかったです。

 

墓前に行くたびに、学生時代と祖父の笑みを思いだします。

 

もっと早くに話しておけば良かった、、、何度も作って、沢山食べてもらいたかった。。。

 

========

 

甘口のルーしか使えなかった頃が懐かしく、歳を追うごとに辛さが物足りなくなり、中辛、辛口、と次第に辛さが増していく。

 

今では辛口ルーで作っても、辛くて食べられないと思う程の辛さと感じなくなってしまいました。

 

それでも実家の辛さのレベルには、いまだについていけません。

 

私が独立してから、実家の辛さは徐々にレベルアップ。

 

先日久方ぶりに頂いた実家カレー、私だけ3口でノックアウトでした。

汗だらだらで唇と舌が暫く痛かった、、、みんな体壊さないでね。